住みたい物件

住みたい物件

高い位置にある部屋

たとえ同じマンションの中であったとしても、居室の設置されている階数、位置によって、日常生活における利便性、快適性、利用条件などに違いが生じてくることになります。
例えば、部屋の階数や方角、窓の設置されている向き、面積などによって、採光や見晴らし、景観の良し悪しが変わってきます。
マンションを利用するに際して、それらの条件を特に重要視するという人は、タワーマンションの高層階に設置された部屋へ入居するのも一つの選択肢になります。
タワーマンションは、その名の通り、塔のように高い建築物で、高層階居室の窓から眺める景色が素晴らしいというメリットがあります。
また、そのように高い位置にある部屋は、地上から遠く離れているため、建物周辺の道路を通行する歩行者や自転車、原付き、オートバイ、自動車、付近のショップ、アーケードなどの発する騒音や汚れた大気、振動などが届きにくく、クリーンで閑静な環境の中で生活することができ、プライバシーの保持率が高まるというアドバンテージも存在します。
ただし、同居人の中に、高所恐怖症の人などが存在する場合、入居してからトラブルが発生する可能性がありますので、注意して下さい。
また、エントランスまでの距離が長い分だけ、通学や通勤、ショッピング、非常時の避難などに際して、多くの時間やエネルギーを必要とし、遅刻したり、逃げ遅れたり、出不精になったりするリスクが存在することにも気をつける必要があります。