住みたい物件

住みたい物件

単身者にお勧めの物件

ワンルームマンションは、一人暮らしの学生や単身赴任中のビジネスパーソンなど、主として単身者をターゲットとして設計、建築されている物件です。
ワンルームタイプの物件では、その名の通り、居室の数が一つなので、一人で生活するのに適しています。
ただし、その種の物件では、玄関のドアを開けると、部屋の中が丸見えになってしまう可能性がありますので、その点は気をつける必要があります。
そうしたリスクを軽減するためには、アームロックやチェーンロックを掛けたままで扉を開けたり、カーテンやブラインド、ロールアップスクリーン、のれんなどを利用して目隠しをしたりするという選択肢があります。
ただし、賃貸利用している物件の場合には、管理者に断り無く、釘穴などをあけると、退去時に別途費用を請求されるなど、トラブルに発展しかねませんので、注意を払いたいものです。
また、単身者用の物件は、ファミリータイプのマンションなどと比較して、敷地面積が狭く、部屋数や設備の数が少ないために、利用コストがリーズナブルに設定されているというメリットがあります。
ただし、そういった狭いスペースの中で、快適に生活するためには、それなりの工夫を凝らすことも大切になります。
例えば、据え置き式でかさばり、重い家具や備品を、スタンドタイプの折りたたみ式アイテム、軽量でコンパクトな物品などへと変更することにより、限られた空間を有効活用することが可能となります。