住みたい物件

住みたい物件

音や振動によるトラブル

一般に、アパートやマンションなどの集合住宅では、天井や壁、床を上下階の居室、左右の隣室と共有している関係で、一軒家よりも騒音、振動によるトラブルの発生するリスクが高いと言われています。
その種の物件で生活する中で、それらの問題が起こると、日常生活における快適性が損なわれるだけではなく、近隣の住民や家主、管理会社のスタッフなどとの人間関係が悪化し、住み続けづらくなるなどといった事態にも陥りかねませんので、注意を払いたいものです。
そういったリスクを減らすためには、入居する際、なるべく騒音や振動の少ない階数、位置に設置された部屋を選んだり、周りの部屋から伝わってくる音、振動を軽減するためのアイテムを利用したり、自分の居室から近隣の住民へ迷惑をかけないように気を配ったりすることが大切です。
まず、入居する段階で、同じ集合住宅の中に、複数の空き部屋が存在する場合には、その内のどれを選択するかによって、騒音や振動のリスクが変わってくることを覚えておきましょう。
もちろん、その種のリスクは、それぞれの部屋に入居している人の職業や趣味、趣向、性格、人数、ライフスタイル、生活サイクルなどによって異なりますので、一概に言い切ることはできません。
しかしながら、一般的には、周りの居室と共有する面積の少ない最上階の居室や角部屋、最下階の部屋、地上の喧騒が届きにくい高層階の居室では、その種の問題が少なくなると考えられます。