住みたい物件

住みたい物件

どうしたら暮らしやすくなるかを考える

自然光溢れる空間にしようと考えました。
リビングには光がやわらかに差し込みます。
マンションの外灯は温かみを帯びており、親しみやすい印象を受けます。
マンションの外観はベージュ色で、がっしりとした造りです。
マンションの外観はコンクリート打ちっぱなしなので、一見すると無骨な印象ですが、中に入ると素敵な空間が広がりを見せます。
マンションの周辺にはスーパーやコンビニがあり、買物に行くには便利となっています。
マンションの近くには小学校や中学校があるため、お子さんを持つ主婦層に人気の物件となっています。
家の近所には大型スーパーが最近できたため、いつかはあそこで働きたいという夢ができました。
家から通勤すると、約1時間かかります。
ハイグレードなタイプだと、毎月の生活費やローン返済のやりくりが大変なのかもしれません。
持ち家なら、家賃を払わずに済みますがかかる諸経費はさほど変わらないのかもしれません。
収納があるのとないのとでは、使い勝手が違うため、ここはあらかじめリフォームしておく必要があります。
リフォームしたら、収納のスペースができたため、暮らしやすくなったと感じました。
実家は未だリフォームの仕方をよく理解できていないため、ずいぶん不便なのに、手付かずになっています。
リフォームをしたら、暮らし向きは良くなるのに昔の人は何よりも一番に来るのが我慢です。
我慢をしても暮らし向きは一向に改善しないのです。
リビングにコルクを敷き詰めたいです。